英語が1日3分で

英語が1日たったの3分で上達するという方法があれば知りたいですか?英語の上達には何年もかかると思っていた人にとっては、英語が1日に3分で上達していくというのは、忙しい人にとってもうれしいことですよね。毎日たったの3分英語学習を続けるだけでも十分に英語の成果は身についていくものですから、とにかくまずは英語の学習を3分でもいいので始めることが大切です。ではどうすればいいのでしょうか。英語の読解力や発音についてアップさせたいと思っている人は、とにかくネイティブの英語を毎日聞きましょう。毎日違った英語を聞くことで頭の中で刺激されて脳が日本語の脳から英語の脳を作り出します。何度も何度も聞いて理解しながら聴き進める、そして実際に大きな声でその英語を繰り返して復唱するのもいいでしょう。そして新しい単語が出てきたらとにかく発音から、完璧になるくらいに何度も何度も練習しましょう。新しい単語が出てきたときによくあるのが、書いて終わりという人ですが、書くよりもどちらかと言えば、発音を口にして何度も何度も練習することの方が大切です。英語の単語を覚えて発音をその都度覚えていくことは、英語を身につけるためにはとても大切なことです。英語の勉強はたった3分でいいとはいえ、人によっては3分でも中身がない3分を過ごしているかもしれませんが、中身のある3分を過ごして英語を身につけてください。英語と毎日触れるということはとても英語学習では大切なことです。週に1回3時間の英語よりも、毎日の英語の3分という学習時間の方が英語を身につけることが出来ると思います。3分というのは、あくまでも目安ですが自分が出来る時間を利用して学習をすればいいのです。忙しい人でも一日のうちにたった数分くらいなら時間があるでしょう。それがお風呂の時間だったとしても、それが通勤の時間だったとしてもその時間は人それぞれ違っていると思いますがその時間を見つけて英語に触れるということはとても大切なことなのです。英語の学習をスムーズに身につけたいと思っている人は、とにかく自分で時間を見つけて学習することが大切です。それが1日に3分という時間だったら魅力的ですよね。1日に3分、単語一つ、慣用句一つでもいいので、完璧に発音できるようになれば、それだけで英語学習を一歩前進させることが出来るわけです。将来に向かって地道に1日3分学習していくこと、それが大切です。

理解してもらう英語

大勢の人に理解してもらう英語が話せるようになるということは、なかなかスムーズに進むことではありません。自分が英語を話していても、なかなか相手に伝わらない、うまく表現できないということになれば、イライラしたり、どうすればいいのかわからず、もどかしい気持ちになるという人も多いのではないでしょうか。そんなイライラしたり、つかれる英語を話しているようでは、まだまだ英語が理解できているとは言えません。誰が聞いても誰に聞いてもらっても、理解してもらえる英語を身につけること、それが大切なことなのです。ではどうすればいいのか、それは、まず正しい英語を話す練習が不十分なのではないでしょうか。例えば、先生やクラスの生徒全員が単語のスペルも意味も理解しているのに、発音が違っていれば、それは英語を話す人には通じない英語ということになっています。スペルも意味もわかっていて、最後の発音で躓いてしまっているのでは、もったいないですね。理解してもらう英語というのは、つまり発音の綺麗な英語ということになるのではないでしょうか。ネイティブスピーカーと英語で話す際には、発音がいかに綺麗であるか、ネイティブに理解してもらえる発音であるか、それが大切なことです。では発音を治す方法としてはどうすればいいのでしょうか。それは、ネイティブの英語を身につける、それしかないですね。英語のラジオを聴いたり、映画を英語で見たりして、自分の発音との違いを比べて、少しでもネイティブの発音に近づけことそれが大切です。最初はなかなか相手に通じない、理解してもらえない英語しか話せなくて、困ったという経験をした人も多いと思いますが、今はインターネット上でスカイプを使えば、ネイティブと会話をすることも可能ですし、チャットもできますから、正しい英語を身につけることはそれほど難しいことではありません。誰にでも理解してもらえるような英語を話すことが出来るようにするためにも、発音には力を入れて、通じる発音をするようにしましょう。そうすれば、イライラしたり、通じないことでストレスがたまるようなこともなく、スムーズにネイティブと話をすることが出来ます。語学力も単語力も表現力も大切ですが、何といっても発音が上手で綺麗でなければ、通じませんから、通じない英語を話していても意味がありませんので、誰が聞いても理解できる、通じる英語を話すようにしましょう。

流暢な英語

流暢に英語を話せれば素敵ですが、なかなか流暢に英語を話すというのは難しいことですよね。流暢な英語を話すためのコツについてここでは紹介していきたいと思います。まず一つ目としては、英語のレベルが低かったとしても、自信を持って英語を話せばなんとでもなります。流暢な英語を話すためには、リスクもありますし勇気もないといけません。間違っていたとしても、自信を持って話せば、相手に伝わるものです。そして流暢な英語を話すためには単語を覚えるだけでなく、フレーズや文章そのものも覚えておきましょう。そうすることで、単語の意味や文章の中でどうつながっているのかどうかなどもわかってくると思います。そうして覚えた単語というのは実際にネイティブと話をする際にも活用させることが出来るのです。流暢な英語を身につけるためには、英語のテレビやラジオなどを見たり聞いたりして、何を相手が言っているのか、詳しく分析する必要があります。英語の中には沢山の慣用句が使われていますから、慣用句で分からない言葉や、新しく出てきたものなどは、単語をノートに書いて一つずつ覚えておくと、実際に英語でコミュニケーションをとる際などにも、その慣用句のフレーズをそのまま使うことが出来るので、良いと思います。後からノートを見直してみると、今まで覚えた慣用句がしっかりと頭に入ると思いますから、それがさらに自分につながるのではないでしょうか。英語で流暢に話せるようになるためには、英語を一緒に話してくれる人を探すのがいいですが、なかなか日本に住んでいて、普通に生活をしていると、英語を話す機会はありません。そういった場合には、大きな声で本を読み、英語の歌を歌うなど、色々と工夫して、毎日の中で英語を口に出して言う機会を作ることが大切です。英語が流暢に話せるようになった人の多くが、ネイティブの発音をそのまま真似して、少し大袈裟にイントネーションを言ったりしたということが挙げられます。日本人はシャイな性格ですから、イントネーションもあいまいなことが多いですが、ネイティブのまねをして、スピードや、イントネーションを言えるようになったら、よりネイティブに近い発音も身についてきますから、それが、英語が流暢に話せることにつながるのではないでしょうか。すぐに流暢な英語を話すことは難しいと思いますが、自然に話せるようになるまで何度も色々と試して、ネイティブにより近づけるように努力するといいでしょう。